ROUTE 590.4

ココロ豊かに暮らすためのアレコレを模索中
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

CM(0) / TB(0)
信じる or 信じない
先日の日記で、バイトの同僚に「私は霊感がある」という人が2人いた・・・と書きましたが、今日はそのことをもう少し詳しく書いてみたいと思います。

1人はバツいちの40代女性。
彼女の場合、母親と妹が霊感が強く、彼女自身は元々霊感は無かったらしいのですが、霊感が強烈に強い夫と一緒に暮らすうちに、目覚めてしまったのだとか。

彼女が言うには、彼女はそれほど能力が強くないので、霊の存在を感じるだけで、姿形が明確に見えるわけではないらしいのですが、たまに、女性か男性かを判別できるほどはっきりと分かる時があるとか。以下は、彼女から聞いた体験談の一部です。

地下鉄の中で、1人の女性の腰の周りを水子の霊がまとわりついているのがくっきりと見えた。驚いて横にいた夫の方を見ると、彼もその女性の腰辺りを見ながら顔を強張らせており、「見えた?」と聞くと、「お前にも見えたんだな」と言われた。
彼女曰く、身勝手な都合で堕胎した人には、十中八九水子の霊が付いているらしい。

訪れた観光地で(←昔、戦争で多大な被害を受けた場所)、そこにいた霊を連れて帰ってきてしまい、元いた場所に帰ってもらうのに、1週間説得し続けた。

以前住んでいたマンションが霊の通り道だったらしく、ポルターガイストのような現象がしょっちゅう起こるのに堪りかねて、神社の近くのマンションに引っ越した。
彼女曰く、神社は清浄な気に包まれていて、近所に神社があると霊が寄り付かないとか。また、お払いなども有効で、神社で清めてもらった塩は常に携帯しているとのこと。

もう1人の霊感の強い人は、数年前に道東地方から札幌に引っ越してきたらしいのですが、何件も物件を見て「ここだ!」と思えたマンションは、移り住んでから気づいたところ、偶然にもすぐ近所に小さな神社があったとか。


「霊感」とか「霊」の話は、見える人(感じる人、信じる人)と見えない人(感じない人、信じない人)の間には、どうやっても埋められない深い溝があるように思えます。客観的にその存在を証明する方法はおそらくないのだろうし、「見える」ということは、そもそも脳が見せていることなので、「一種の幻覚」と片づけてしまうこともできるわけです。

「感じる」というのも、非常に曖昧なものであり、「思い込み」とか「単なる錯覚」と一蹴してしまえばそれまでのこと。心霊写真なども、「見ようによってはそう見える」というのが多いにも拘わらず、ひとたび「これは霊だ」と思い込んで眺めると、それ以外のものには見えなくなる場合が多いように思えます。

ただ、決して少なくない人たちが、「私は霊を見た」と言っているのに、自分が見たことがないというだけで、「そんなものは絶対にいない」と真っ向から否定するのも乱暴な話なので、大抵の人は結局は、「私は見たことがないけど、ひょっとしたらいるのかもしれない」という考えに落ち着かざるを得ないのではないでしょうか。


おととい、2年ぶりに会った友人に、このバイトでの体験談をしたところ、幼稚園の先生になったばかりの彼女のお嬢さんが、最近立て続けに2度も霊を見てしまったことを話してくれました。(1度目は自宅で、その次は職場で)
そんな事があって、彼女は早速玄関に盛り塩をし、お嬢さんには職場に数珠を持たせるようにしたそうです。彼女自身は全く霊感も無く、信心深いわけでは無いのだけれど、やはりそういう時のお助けアイテムは、数珠と塩なのですね。


12月には、私はまた1ヶ月ほどそのバイトに通うことになっているのですが、4時過ぎには真っ暗になる季節に、ほとんどの事務所が移転してしまった、まるで廃校のような老朽化したビルでは、いくら霊感ゼロの私でも、何かが見えた気になってもおかしくないというものです。
どうかどうか、何事も起きませんように。(汗)


皆さんは、信じる(見える)派ですか、それとも、信じない(見えない)派ですか。




<メッセージレス> 
続きを読む >>
CM(0) / TB(0)
衣替え
入り口絵を交換しました。
ちょっと気が早いのですが、センター試験会場に向かう受験生です。(描き上がってからの後付けですが。笑)

ウチの子どもはまだ高校2年生ですが、冬を迎えて、もう既に受験が目の前に迫ってきたような気分です。先輩ママたちに、「高校時代は、あっっっっっという間に終わっちゃうわよ」とよく言われてきましたが、ホントにそうです。ついこの前、高校の入学式に出席したばかりなのに、もはや大学受験のことで頭を悩ませている次第です。(東京の私立も視野に入っているので、主に”金銭面”について)

子どもは目下、部活にエネルギーのほとんどを注ぎ込んでいる状態なので、来年5月に引退したら、心にポッカリ穴が開きやしないかと少々心配な感じです。でも、気持ちをスパッと切り替えて、そのエネルギー全て(いや、それ以上)を今度は勉強に振り向けるよう自分自身でコントロールできないと、とてもじゃないけど目標の大学には手が届きません。

部活の女子の先輩2人が、指定校推薦で既にW大への進学が決まったとか。(羨ましい〜)部活では先輩後輩同士の関係がとても密らしいので、そういう先輩たちから良い刺激をもらい、目標をしっかりと見据えて頑張って欲しいものです。

今年の受験生たちは、どうぞくれぐれもインフルエンザ対策を怠りなく!





<メッセージレス>



 
続きを読む >>
CM(0) / TB(0)
今度こそ、さらば秋



秋は一番好きな季節なのですが、北海道ではその期間が余りにも短くて寂しい思いをしています。
数日間は穏やかな日々が続いていましたが、今朝は目の前の山が真っ白に雪化粧し、最高気温も3℃という寒さ。いよいよ秋ともお別れの模様です。

子どもは無事に修学旅行から戻り、今日から学校生活に復帰です。学校閉鎖などもあって、一時は出発すら危ぶまれていましたが、蓋を開けてみると意外にも欠席者はほとんどいなかったようです。
ただ、やはり2名の強制送還が出たようで、親御さんが遥々迎えに来なくてはならなかったのはなんとも気の毒な話です。

子どもはクリスマスムードに染まるUSJや古都の秋を楽しんできたようで、帰ってきてからは旅行中の様子をず〜っと喋りまくっていました。やっと今日、学校に行ってくれたので(笑)、私もようやくパソコンの前に座ることができました。

お絵描きしたいなぁと思いつつ、今週はなんやかんやと予定が入っているので、入り口絵を交換できるのは来週になりそうです。秋らしい絵にしたいと思っていたのに、窓の外は冬景色。街は既にクリスマス色に染まりつつあるし、いまさら「秋」もないかしら・・・。(汗)





<メッセージレス>

続きを読む >>
CM(0) / TB(0)
雪、キターーーーーー!
 バイトが終わってホッとしたら、寒波と共に雪がやってきました。
今年の初雪は11月1日。17年前も11月1日に初雪が降り、夜中にお産を終えて翌朝見た窓の外の真っ白な雪景色は、今でも鮮烈に脳裏に焼きついています。この17年は長かったような、一瞬だったような・・・。おとといからこっち、取り溜めた子どものビデオをHDDに落とし込む作業をしながら、感慨に耽っておりました。

学校閉鎖のお陰で、子どもの学校ではインフルエンザが下火になり、明日は無事に修学旅行に出発できそうです。しかし、知り合いの子どもが通っている高校では、旅行先で9人が罹患し、3人が強制送還になったとか。出発してからも、心配の種は尽きません。

私の仕事の終了と修学旅行に挟まれて、なんとなく慌しく終えてしまった子どもの誕生日ですが、一応普段の夕食とは違ったものを作ってあげようと要望を聞いてみたところ、子どものリクエストはなんと「いかめし」。
・・・渋い、渋すぎる。誕生日らしい華やかさが皆無です。

そこで、今回のバイト仲間がレシピをくれたので、初挑戦でいかめしを作ってみました。
コツは、もち米を詰めすぎないこと。(いかは縮み、米は膨らむので、詰めすぎると上手く炊けないそうです)アドバイスに従って作ってみたところ、とっても美味しくできました。↓










味付けは、醤油、みりん(または酒と砂糖)、水で、40分くらい煮れば完成です。
ネットで検索するといくらでもレシピが出てくるので、いかめしがお好きな方は是非ともお試しください☆


その他には、これまた今回の別のバイト仲間から教わったチーズケーキを作ってみたのですが、とっても簡単ですごく美味しかったです。

クリームチーズ 1箱(250g)
生クリーム    1箱
卵         2~3個(大きさによって)
小麦粉      大さじ 3杯
砂糖        80g

この材料をミキサーで混ぜて、(我が家にはミキサーが無いので、ハンドミキサーで混ぜました)型に入れて170℃で40分ほど焼きます。
我が家のオーブンレンジは火力が弱いので、180℃で1時間ほど焼きました。(焦げすぎないように、途中でアルミ箔を被せて)

そしてもう一品は、我が家の定番であるサツマイモ入りポトフ。
ポトフと言えば、普通はジャガイモなんだと思うのですが、ある料理本で見つけた、このサツマイモ入りポトフは本当に美味しくて、以来、我が家ではポトフには必ずサツマイモを入れるようになりました。

「いかめしとポトフ」という、なんともけったいな組み合わせでしたが、当の本人が非常に満足している様子だったので、まあいいか(笑)という感じです。
来年の誕生日は、いよいよ受験が目前に迫っている頃ですが、和やかな気分で迎えられるといいなぁ・・・。(って、絶対に無理ですね。涙)







<メッセージレス>




続きを読む >>
CM(0) / TB(0)
ラスト1週間
この火曜日に、遂に子どもの学校もインフルエンザで学校閉鎖になりました。
修学旅行、危うしです!(涙)

 バイトの方はあと5日で終わりなのですが、嬉しさ半分寂しさ半分です。というのも、今回のバイトメンバーはユニークな人が多くて、仕事の合間にするお喋りが楽しいったらなかったのです。

今回のチームは、正社員が2名で、うち1名はノホホンとした癒し系のおじ様、そしてもう1名は、バツ一の40代の女性。
バイトメンバーは、大学生と高校生のママである40代女性と、アラフォーの独身女性が2人と、そして私の4名。

先日の日記にも書きましたが、正社員の女性は非常に霊感が強い人で、このバイト中にも色々とエピソードがありました。40代のママはものすごい天然で、何度も爆笑させてもらいました。そして、アラフォーの内の1人はとっても個性的で、波乱万丈の人生を送ってきており、彼女の半生を小説にまとめたいくらいです。

週末も溜まった家事に忙殺されて、ゆっくりとパソに向かう時間もない有様なので、個々の話は、後日またゆっくりと書いてみたいと思っております。





<メッセージレス>
続きを読む >>
CM(2) / TB(0)
白クマ塩ラーメン


友人が旭山動物園に行った折に、この白クマ塩ラーメンをお土産に買ってきてくれました。
何でも、これは旭山動物園でしか買えなくて、しかも、大山即席斎氏(インスタントラーメン研究家で、年間600食の即席麺を食しているというつわもの。テレビやラジオにも出演している)が第2位に挙げたという代物なので、大変ありがたくいただきました。

ノンフライの細麺で、つるりとした食感はまるで生麺のようであり、スープはコクがあるのにくどくなく、醤油派の私でも、とても美味しく飲めました。
まさに、噂にたがわぬ一品でした。
この白クマ塩ラーメンは動物園での限定販売ですが、製造元の「藤原製麺」は各地のご当地ラーメンを作っているらしく、同じ製法で作られた麺を他でも手に入れることが出来るかもしれないので、もしも目にすることがあったら、是非ともお試しください☆


さて、バイト期間もようやく半分を過ぎました。今週は忙しさのピークを迎えることになるので、暫くはパソコンを開くことすらで来ませんが、(帰宅してからは、夕飯作りと夕食、入浴でバタンキューなので)11月になって子どもが修学旅行に出かけたら、ゆっくりとトップ絵でも描きたいと思っております。 

・・・がしかし、新フルの猛威のお陰で、札幌の高校生たちは、果たして修学旅行に行けるのかどうか、薄氷を踏む思いで毎日を過ごしております。
神様仏様、どうか子どもたちを無事に旅立たせてやってください〜!






<メッセージレス>
続きを読む >>
CM(0) / TB(0)
遅ればせながら


やっと3連休に漕ぎつけました。
平日は、1度もパソコンを開くことが出来ずに過ぎてしまい、愛しの彼のお誕生日もスルー状態。今日になってようやく自分のブログに辿り着いたら、10月7日のアクセス数がいつもの1,5倍だったことに驚きました。前サイトからのお馴染みの方が、何かイベントを期待して遊びに来てくださったのだと思うのですが、ご期待に応えられなくて申し訳ありませんでした。

せめてものお詫びに、以前描いたイラストを蔵から引っ張り出して参りました。前サイト関係のものはパソからCDに全部引っ越してしまっていたので、自分の描いたものなのに見るのは久々でした。なんだかとても懐かしかったです。あの頃は、ほとんど毎日のように部長絵を描いていたっけなぁ・・・。(遠い目)

永遠の15歳、お誕生日おめでとう☆ 



バイトの方ですが、今度のメンバーの中に「私、霊感が強いの」という人が2人もいて、色々と怖い話を聞かされました。本社ビルの〇〇課(我々は、今は分室にいるのですが)には、結構な数の霊がいるらしく、いつも気配を感じるとか・・・。霊感の全くない私には、そう言われてもサッパリ分からないのですが、姿は見えなくても、「ああ、いるな・・・」とハッキリ分かるとか。
この話については、またいずれ。





<メッセージレス>
続きを読む >>
CM(0) / TB(0)
オモシロ絵
木曜日からフルタイムのバイトが始まりましたが、本格的に忙しくなるのは来週の中盤以降のようなので、さほど疲れずに最初の2日間は終わりました。これからメチャクチャ忙しくなったとしても、たったの1ヶ月の短期決戦なので、なんとなく気は楽です。週2、3日の仕事を長く続けるのが理想ではありますが、こんな風に時々ガーっと働いて集中的にお金を稼ぐのも悪くないかもしれません。

とは言え、フルタイムの最大の欠点である「週日は自分の時間がゼロ」には、なかなか慣れることが出来ず、本と映画から遠ざかってしまうのが寂しい限りです。
そんな中、子どもが図書館から借りてきた集/英/社の学習漫画を寝る前にちょこっと眺めていたら、こんなイラストを見つけました。 













これは「」貴族の食事のようすを描いたものですが、これはまあ普通ですよね。
食事をしながら楽器を弾くなんて、今の感覚とは違うかなぁとは思いますが。
そして、問題は「庶民の食事のようす」です。
画像はこちら↓








注釈には、「夫婦と子どもが鍋を囲み、魚の串刺しもあります」と書かれているのですが、旦那さんのこのしどけない姿は一体どうしたことでしょうか!?









左手にはお椀、右手には串刺しの魚を持ちながら、何故か片肌を脱いで床に横たわっており、とても食事をしている風には見えません。この体勢では食べにくいことこの上ないでしょうね。
腕毛の描写も生々しく、色気(?)を振りまくオッサンなど、気持ち悪くって見ちゃおれません。これを描いたイラストレーターは、一体この絵で子どもたちに何を伝えたかったのでしょうか。(庶民は行儀作法がなっちゃいないとか?)


こんなことで僅かな息抜きをしながら、さて、明日からまた仕事に突入です。
今日はこれから常備菜作りに励みます!





<メッセージレス>
続きを読む >>
CM(0) / TB(0)
世の中やっぱり甘くない
 

今日は素晴らしい秋晴れでした。
快晴の空を見上げながらバイトの面接に自転車で向かい、「天気も最高だし、なんだか幸先がいいぞぉ〜〜♪」とハイテンションのまま面接に臨み、手応えもなかなかいい感じだったので、すっかり採用される気になって家で返事を待っていたら、「今回は別の方を・・・」というつれない電話の声。(号泣)

二股かけていたのを、きっと神様はちゃ〜んと見ていたに違いないです。物事、そうそう自分の都合にいいように進むわけはないのは分かっているけれど、あまりにもオイシイ仕事だっただけに、落胆はかなり大きいです。さっきから、テレビを観ていても内容がサッパリ頭に入ってこず、子どもに話しかけられても上の空。逃がした魚は超特大。皮算用やら妄想やらに走りすぎた頭は、なかなか現実を受け入れられません。

明日から、元々決まっていた方のバイトがスタートします。
地道に1ヶ月頑張るじょ。(←気合ゼロ。汗)






<メッセージレス>
続きを読む >>
CM(0) / TB(0)
一か八か
 来週の木曜日から1ヶ月間アルバイトすることを先日の日記に書いたのですが、昨日は前々回のバイトで知り合った友人に、ハローワークプラザという所に連れて行ってもらいました。(そこは雇用保険などの申請は行ってはおらず、仕事の紹介のみに特化したハローワークの出先機関のようなものです)

駅前のオフィスビルの一角にあるそれは、ハローワークとは違って、明るく小奇麗で洗練された趣があり、気のせいか、訪れる人々の顔にも「仕事にありつかねば!」という悲壮感のようなものが漂っていません。(前に行ったハローワークでは、そりゃもう、「殺伐&悲壮&どんより」感が満ち満ちていました)

入り口で受付をすると、仕事を検索するパソコンを割り当てられ、とても使い勝手の良いシステムで、簡単に仕事を探すことができます。元々、私は友人のお伴として半ば冷やかしで行ったのですが、せっかくだからと試しに仕事を検索してみると、なんと、私が待ち望んでいたような夢のような仕事があるではありませんか!

労働時間1日7時間×週2日
交通費全額支給
時給900円〜1000円
ワードでの文書作成

しかも、場所は某大学の研究室。
となれば、私の大好きな学食で昼食も取れるわけです。
こんな美味しい仕事には、そうそう巡り合えるものではありません。

が、しかし・・・採用期間は10月1日〜3月末日
今度のバイトの期間とモロにかぶっています。(泣)
万が一採用されたとしても、こんなにギリギリになって、先のバイトの方を断るわけにもいかず、ハローワークの相談員さんの前で、紹介状を発行してもらうか否か、暫くの間逡巡してしまいました。
でも、どうしても諦めきれず、一か八かで応募してみることにしました。

まずは書類選考でふるいにかけられるので、そこで落ちればすっぱり諦めもつくのですが、万が一面接に漕ぎつけたら、さて、そこでなんと言おうか・・・。
10月だけは、もう一方のバイトが休みの土日に働かせてください!なんて言ってみたらどうだろうかとも思ったのですが、それを実行したら確実に過労で死にますね。(汗)
というか、そんなことを頼んだ時点で候補から外されると思うのですが、一縷の望みを捨てきれず、履歴書をわざわざ速達で送ってみました。
神様、どうか奇跡が起こりますように〜〜!(←オバチャンはずうずうしい)





<メッセージレス>
続きを読む >>
CM(0) / TB(0)
ページトップへ   
<< 2 / 24 ページ >>

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
メッセージ

内容確認
LINKS
PROFILE
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS