ROUTE 590.4

ココロ豊かに暮らすためのアレコレを模索中
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

CM(0) / TB(0)
THIS IS IT
上映が明日で終わりということで、駆け込みで観てきました。

一言で言うならば、「見逃さなくて良かった」というのが感想でしょうか。
長いことコンサートを開いていなかった為に、
彼はもう、生では歌えないし踊れない、なんて憶測も飛んでいたようですが、
全然そんなことはなかったし、彼が本気であのコンサートに賭けていたことが分かっただけでも、本当に大きな収穫だったと思えました。

年齢も性別も超越したような体型と声。
抜群のリズム感。
体の隅々まで神経の行き届いた繊細な動き。
やっぱり彼はスペシャルでした。

そんなスペシャルな彼との舞台を夢見た、
ダンサー、バンドのメンバー、演出家、
その他、数え切れないほどの大勢のスタッフたち。
彼の死の知らせを聞いた時、誰よりも悲嘆にくれたのは、
ファンや家族よりも、実は彼らだったのではないでしょうか。

細部に渡るまでこだわりを持って舞台作りに臨んだマイケルと、
それに応えようと奮闘していた大勢の仲間たち。
映画の冒頭に流れた、
世界中からオーディションに集まったダンサーたちのインタビューによって、
マイケルと同じ舞台に立つことが、彼らパフォーマーにとっては、
どれほど凄いことなのかが、我々観客の胸にストレートに届きました。
(しょっぱなから、泣きそうになりました)

コンサート会場で流す予定だった、スリラー用の新作3D映像や、
Smooth criminal用の、古い映画との合成映像の制作場面なども織り込まれていて、非常に興味深くて面白かったです。
映画の中では一部しか流れませんでしたが、
大変な手間と時間と費用をかけて作られたものなので、
是非ともなんらかの形で全編見せて欲しいものです。


エンドロールが流れ始めた時、満員の館内では静かな拍手が起こりました。
映画館の中での拍手を、私は生まれて初めて経験しました。
コンサート会場での熱烈な声援とは違うけれど、
観客一人一人が、マイケルへの想いを静かな拍手に込めた一瞬でした。


Beat it が流れた時、体が震えました。
やっぱり、マイケルは最高!




<メッセージレス>
私も最初オエビ???でした>
ですよね、ネット用語は分からないものが多すぎます。
私も臨終には間に合わなかったので、未だに実感がわきません。
それに、亡くなってからの方が母のことを考えることが多くなって、却って身近に感じたりもするのです。
あなたのお父様もウチの母も、必ずどこかで見守っていてくれますよね。
CM(0) / TB(0)
スポンサーサイト
CM(0) / TB(0)










ページトップへ   

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
メッセージ

内容確認
LINKS
PROFILE
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS