ROUTE 590.4

ココロ豊かに暮らすためのアレコレを模索中
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

CM(0) / TB(0)
まさか、戒めに来た・・・?
 昨日の朝のことです。子どもが「行ってきま〜す」と家を出て暫くするとチャイムが鳴るので出てみると、なんとなく青ざめて虚ろな目をした子どもの顔が、玄関のモニターにどアップで映っていました。

「忘れものでもしたの?」と訊くと、
「糸が・・・」と蚊の鳴くような声で答える子ども。
「糸って?」
「蜘蛛の糸が自転車に・・・本体もいる・・・」

ウチの子どもは異常なほどの虫嫌いで、体長1、2mmの羽虫にだって大騒ぎ。
そんな子なので、自分の自転車に巣を張られた日には、顔面蒼白になるのも無理はなかろうと思いつつ、あまりのへタレっぷりに噴き出しそうになりながら、駐輪場へと急ぎました。

呆然と佇む子どもの指差す所を見てみると、案の定、それはもう、ちっさいちっさい蜘蛛がちょこんとぶら下がっておりました。(カワイイとさえ言えるほどの)しかし、そんなモノでも除去してやらないと学校にも行けないので、持ってきた定規でチョイチョイと巣を払うと、蜘蛛の姿はどこかへ消えてしまいました。

そこで、「ほら、もういないから、さっさと学校に行きなさい」と急がせると、「見失うなんて最悪だ!きっとまだ自転車のどこかにいる!」と自転車に近づこうとさえしない子ども。仕方がないので、しゃがんで自転車の裏表を点検すると、子どもの恐れていたとおり、残っていた一本の糸で、まだ自転車からぶら〜んと蜘蛛がぶら下がっていました。それをもう一度定規で払うと地面に落下したので、つい、そのちび蜘蛛を足で踏み潰してしまいました。

「あちゃ〜、蜘蛛さんゴメン」と私が言うと、子どもが「蜘蛛も、いいんだよって言ってるよ」と、都合のいい事を言いながら、急に元気を取り戻して学校へと走り去って行ったのでした。


事件は、その日の午後に起きました。
いつもは朝にコンポストに生ゴミを捨てに行くのに、その日はバタバタしていて夕方になってからベランダに出たのですが、コンポストの蓋を開けて作業を始めたところ、目の端に何か黒々としたものが映ったので、そちらに目をやると、なんと、体長3cm、全長8cmほどの大蜘蛛がコンポストのすぐ横20cmほどにある窓に、立派な巣を張っていたのです。

子どもほどの虫嫌いではないものの、私も蜘蛛は苦手です。しかも、このマンションに住んで18年になりますが、そんな大蜘蛛を見るのは初めて、というか、そんな巨大蜘蛛(おそらくは、オニ蜘蛛)自体、札幌ではほとんど見ないのです。なので、我々はゴキブリ並に大蜘蛛に免疫がありません。

すっかり固まってしまった私は、コンポストをそろりそろりと移動さて作業をそそくさと済ませ、逃げるようにベランダを後にしたのでした。部屋に入ってからも、窓越しに何度も蜘蛛を観察し、子どもに「蜘蛛の祟りだ!」とメールを送りつけ、一日中、落ち着かない気分で過ごしていました。

学校から戻った子どもにその蜘蛛を見せると、窓越しなのに、1mくらい後ろに飛びのきました。(今度ばかりは、気持ちが分かる)夫が帰ってきたら、なんとかしてもらおうと思っていると、そんな日に限って残業で夜中の3時半帰り。(泣)夜中にちょうど目が覚めて夫を出迎えた時は、夜食を食べさせるのに忙しくて、蜘蛛のことはすっかり忘れていました。

そして、朝。
目が覚めて真っ先に蜘蛛を観察に行くと、なんと、巣は半分壊れていて蜘蛛は消えていました。
図鑑によれば、「夕方網をはり、朝たたむことが多い」とな。(!)
蜘蛛って、巣をたたむんだ!?と唖然としつつ、見失ってしまったことがあまりにもショックで、今日はまだコンポストへは行っていません。

ちっちゃな子蜘蛛を踏み潰したその日に、見たこともないような大蜘蛛に巣を張られてしまったことが、単なる偶然とはどうしても思えず、子どもと2人で、「無駄な殺生はやめようね」と固く誓ったのでした。





<メッセージレス>
 <あぁ、めまいがする・・・こんな優しい眼差しで見つめられたら>
こちらこそ、いつもイラストへのコメントをありがとうございます☆
友達からのフェスタ話やSQの立ち読みによって、手塚気分が高まって描いてしまいました。
確かに、手塚からもらうなら、インフルも悪くないかもしれませんね。(でも、唇に吸い付くのはやっぱりやめましょうね。笑)
そちらでも遂に学年閉鎖ですか。10月になれば、全国の高校生が修学旅行に出かけるわけで、特に奈良京都は大変なことになるやもしれませんね。(汗)

<美麗な部長を拝見して、しばし見惚れてしまいました(うっとり)>
手塚に反応してくださって、嬉しいです〜〜♪「やっぱり好きなことに変わりありません」にも、思わずニンマリしてしまいました。そうなんですよね、昔のように四六時中考えているわけではないのですが、ひょっこりと「手塚が好き」な気持ちが湧き出てくるのですよね。
小樽にはいらしたことがありましたか。運河の辺りはずいぶんと観光地化が進み、雰囲気もかなり変わっていると思います。コンポストですが、今週いっぱいで終わりかなぁという感じです。一時はあれほどいた小バエもすっかりいなくなってしまったのが不思議でなりません。冬には気温が低すぎてベランダでのコンポストは無理なので、次回は春になりそうです。
CM(2) / TB(0)
スポンサーサイト
CM(0) / TB(0)
毛がに!?そ、そんな大きな蜘蛛が部屋の中に出て、しかも見失ったりしたら、きっとうちの子供は家出するに違いないわ。(脂汗)
しかも、蜘蛛より怖いムカデもいるんだものね。S県、恐るべし!
「大学で本州に住むことになったら、こんな蜘蛛しょっちゅう見るよ」と子どもを脅したら、「じゃあ、津軽海峡は渡らん!」って。(苦笑)
| ミツクニ | 2009/09/13 12:16 PM |
わかってるとは思うけど、3×8僂涼懃瓩覆鵑討舛辰舛磴い任后K椽では。
我が家(実家)には毛ガニほどの蜘蛛がたまに出没して、家族みんな逃げ回ってはいたけれども、それほど気にはしてませんでした。だってそのうちどっかに行っちゃうし、ゴキブリ食べてくれるから。
でも、3×8僂涼懃瓩蓮△舛辰舛磴なだとはは言え、やっぱり私でも固まるね。まあ、頑張って〜。
| ケーキー | 2009/09/11 11:31 PM |










ページトップへ   

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
メッセージ

内容確認
LINKS
PROFILE
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS