ROUTE 590.4

ココロ豊かに暮らすためのアレコレを模索中
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

CM(0) / TB(0)
出遅れたり!
 村上春樹氏の新作が、ものすごい勢いで売れているようですね。
これでまた、印税がガッポリ入るんだろうなぁ〜いいなぁ〜と、ついつい下賎なことを考えてしまう私ですが、とりあえず時流に乗ってみようと思い、その新作が図書館のサイトの新着コーナーに入るのを、おとといから張っていました。

昨日の午前中の時点ではまだ現れず、夜にもう一度チェックするのを油断して忘れていたら、今朝には既に入っていました。新着コーナーに載る本は、まだ貸し出し開始前のものもあるのですが、一覧の中にそのタイトルを見つけ慌ててクリックすると、案の定「準備中」でした。
が、準備中にもかかわらず、なんと既に350人待ちになっていました。(ガッデム!)
私同様、今か今かと張っていた人々がワンサカいた模様です。午後にもう一度見てみたら、待ち人数は既に500人になっていました。恐るべしです、村上春樹現象。

正直申しますと、私は氏の作品はほとんど読んだことがありません。
今まで読んだものと言えば、初期の長編である『羊をめぐる冒険』『ノルウェーの森』『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』と、紀行文の『遠い太鼓』ぐらいでしょうか。

世界の〜は二重構造の展開が新鮮で面白くて一気に読み進んだのですが、ノルウェー〜は特にひっかかるものが無かったような記憶があります。
翻訳モノの影響を受けているらしい、どこか気取っていて持って回ったような比喩表現が私にはしっくりこず、3冊の長編を読んで以降は、彼の作品を読むことはありませんでした。

でも、これだけ世界的にも評価が高まっている以上、食わず嫌いを決め込むのは間違っているし勿体無いかもしれないと思い直し、新作が手元に来るのを待つ間、旧作をいくつか借りてみることにしました。まずは、ノルウェー〜の再読から。






<メッセージレス>
<もちろん一番に出てきたのは我らが手塚です>
そう言っていただけると嬉しいです〜♪
なるほど、お風呂上りですかぁ。うんうん、確かにあんな感じになるかもしれないですね。手塚のお風呂上りの姿を想像して、脳内で萌えが暴走してしまいました。(キャッ)
家庭教師なら、やっぱり大石に頼むのが一番でしょうか。なんたって、ああ見えて学年1番ですもんね。(手塚と乾を差し置いて!驚)
「目標点数に届かなかったら、乾汁」というペナルティーは、案外効くかもしれないですよ。いや、DHA摂取を兼ねて、鰯水の方がいいかな?(笑)


CM(0) / TB(0)
スポンサーサイト
CM(0) / TB(0)










ページトップへ   

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
メッセージ

内容確認
LINKS
PROFILE
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS