ROUTE 590.4

ココロ豊かに暮らすためのアレコレを模索中
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

CM(0) / TB(0)
奈良日記(3)



「さあ、神無月だ。出番だよ、先生!」
…とはもちろん言ってくれませんでしたが、これは飛火野(小川先生と鹿の待ち合わせポイント)で出会った牡鹿クン。鹿せんべいを袋から取り出した途端にやってきて、2、3枚やったくらいでは許してくれず、いつまでもいつまでも粘り強く追いかけてきました。するどく尖った角があったので、そのうち角で突付かれやしないかと恐怖に駆られ、最後は走って逃げました。(汗)

鹿公園には、およそ1200頭余りの鹿が生息しているそうですが、広大な敷地なので、公園内を散歩していても、常に鹿が視界に入るというわけではありませんでした。
しかし、所々に鹿がたむろしている場所があり、「何故?」と思って見ると、そこには必ず鹿せんべいコーナーがあり、10枚1組を紙のテープで束ねた鹿せんべいが台の上に積み上げられていて、椅子に座ったおばちゃんが1人。

鹿たちは、決して売り子のおばちゃんにせんべいをねだることはないのですが、観光客が通りかかると、
ほらほら、ここに鹿せんべいが売ってますよ。
バッグからお財布を出して、早く買ってくださいな

と訴えかけるように、一斉に視線を投げかけてくるのです。
犬のように吼えたり纏わりついたりはしないものの、その佇まいには内に秘めたる静かな気迫がみなぎっており、どうにもタジタジとなってしまいます。
また、可愛い小鹿にあげるつもりで、袋からせんべいを取り出していると、知らぬ間にかデカイ牡鹿たちに取り囲まれたりしていて、何度も冷や汗を掻きました。

鹿せんべい、そんなに美味いか」と落書きされるほど、鹿せんべいを美味しそうに食べていた小川先生(玉木宏)ですが、原料は米粉で人間が食べても別に害はないということなので、私も早速味見をしてみました。

「味が無い…」
というのが、感想でした。
「そんなに美味い」わけではなかったです。(苦笑)





<メッセージレス>
<『鹿男 あをによし』は今クールのドラマの中では前評判はイマイチだけど終了後の反響が一番良かったドラマの第一位だそうですね>
わ〜、やっぱりそうだったんですか〜。うん、本当によく出来たドラマだったと思いますよ。再放送時には、是非是非、見てくださいね!
枝垂れ桜は本当に綺麗でした。その美しさの10分の1も写真には出ていないのが、残念でなりません。
入学式はいよいよ明日です。なんだか緊張してきましたよ〜。
ご子息の手塚化計画を応援していますよ☆
CM(0) / TB(0)
スポンサーサイト
CM(0) / TB(0)










ページトップへ   

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
メッセージ

内容確認
LINKS
PROFILE
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS